遠足

d0366989_19492241.jpg

[PR]
# by hrkmrsk | 2017-10-23 19:48 | 子供 | Comments(0)

人の悩み事相談というのが苦手だ

たいした人ではないのに、

偉そうなことを言う自分が恥ずかしい

『昨日旦那と喧嘩して写真を送ったら

警察がきて刑務所に入れられた』

(え・・・)

『娘は児童相談所に持っていかれて

今どこにいるのかわからない』

(えー・・・・)

一時保護施設にいて保育所でも会えなくなってしまった

子供のために親と離す処置が取られているのに

私が寂しいという親

何が本当なのかわからない

友達と会えなくて寂しいという娘

私の母親も被害者意識の強い人で

特に夫に対しての被害者意識は並々ならない

父と話すとそうでもないことが

母の思考回路を通ると大犯罪人のようになる

母は私を味方にしようとして

単身赴任中の父との間に立って

私を隔離したことがある

今思うと、母も寂しい人だったのだなぁとは思うけれど

高校卒業からの貴重な数年間母から拘束された状態で過ごした

18にもなれば、決定は自己責任というけれど、

大きな声で『自分は絶対に正しい』と繰り返す母の下

私は自己決定できるほどの自分を持っていなかった

今回児童相談所へ連れて行かれた子はたったの6歳で

もし娘が親から離されて知らない人の中で生活したら

発狂するだろことを考えてしまう私に対して

連れて行かれた子供のお母さんは

『私が寂しい』と繰り返すだけで

ああ、この親はまだ親ではないんだ

子供を親代わりにしてしまっている

と、感じてしまった

それは子供に負担があるだろう

世の中にはいろんな親子がいる

親になりきれずに、親になってしまう親も当然いる

もっと遊びたかったのに子供を産んでしまったとか

子供がいなければ夫との関係が成立しないとか

親の都合で子供の人生を振り回してしまう親を見ていると

自分の親を見ているように思ってしまう

私はそういう問題に関わりたくないのだけど

どうしても、そういう問題が近寄ってくる

私は一体どうすればいいのだろう?




[PR]
# by hrkmrsk | 2017-10-22 23:50 | 子供 | Comments(0)

SOUL@魂

今回の達人達はロボット開発者と仏師

ロボットで人を癒す魂を作り出したい

1400年の流れをくむ仏師に教えを乞うた林要さんは

ものすごく人の話を丁寧に聞く人だと見ていて思った

仏像が写実を超えたものだということを仏師明慶さんは語る

怒るために怒るのではなく、善意で相手が悟るための怒りをどう表現するのか

仏の持つ本質を本質的なものは何か

相手を癒すために、慈悲を与えるために

歯を食いしばるだけじゃなく、

何のために耐え忍ぶのかを考えて彫る

優れた仏師は木の要らない所が見えるだそうだ

木の中に仏を見出し、その中から仏像を彫りだす

良慶さんが仏師になったきっかけは弟の病死だった

家族が泣いてほしいのか、

母親が自分を責めたままでいいのか

誰かのせいにしていればいいのか問い続けながら

家族のために300体の仏像を彫ったそうだ

19歳で弟子入りし最初は弟のために、

自分のため家族のために彫るのが嬉しかった

でも、プロになったら自分のために彫るのではない

楽しいだけではなくなった

人の心を写しだす鏡である仏像

若い頃作った仏像は恥ずかしいけど、

精一杯作った記録として、

人に育ててもらった証として取っている

自分が恥ずかしくなるようなこともいっぱいあるけれど

人が人を進化させてくれる

今現場で生きている人を救うのが仏さんの役目だと思っている

大きな作品を作るために小さい作品とたくさん作る

大仏を作る材料とスタッフをそろえて置く

仏さんを知る、人間を知る、人体を知る、

黄金律を崩す

チャンスが来た時に掴めるようになるには

チャンスを掴める人にならなくてはいけない

人財とは自分を超える存在を育てることらしい

林要さんは2019年に完成予定のロボットを開発している

仏師の松本明慶さんに開発中のロボットを見てもらう

モノづくりする者同士、

0.5度刻みのチューニングについて話が合う

人型をしたロボットより、人の形をしていない

違う形での魂のより代を作りたかった

人間型の人間の仕事をするロボットを作るのではなく

人の魂を救える仏像のようなロボットを作りたい

ロボットを魂の存在まで昇華させようとしているのだ

すべてのもの作りに共通するワードは

魂をものに吹き込むのかだった

まるで神がアダムに魂を吹き込んだように

創作の原点は天地創造にあるのかな

人に吹き込まれた魂とは何かを考え続けることが

生きることではないのかな

と、最近考えてしまうのです  





[PR]
# by hrkmrsk | 2017-10-22 17:24 | 印象に残った話 | Comments(0)

遠足

ハロウィン弁当

d0366989_06110889.jpg


天気予報を見て泣く娘

てるてる坊主も作ったけどダメだったね

今日は寒い雨

市内6つの保育所と合同の遠足だけど

体育館で遊んでおいで


[PR]
# by hrkmrsk | 2017-10-19 06:10 | 子供 | Comments(0)

良い面と 悪い面

良い面があれば必ず悪い面もある

世の中的には良い面しか見せないのが正常なのだけど

だから、ゴシップ記事が売れたりする

でも物事悪い面に真実があることもある

真実の積み重ねの上に見えること、考えることを信じたい

社長は自分に都合の悪いことを守秘義務と言ったりする

来週から3人のパートさんが入ることになった

社長は胸を張って

『みんなに負担をかけない』と言っていたけれど

誰が教えるの?

机もパソコンも用意していない状態で・・・

社長のように現状を見ずに人事の配線を組む人は

自分の策の良い面しか見えていない気がする

いろいろ考えても答えは出ないのかもしれないけれど

教える労力も、教えられる側も大変な状況になる

『そんな経費があるなら私の給料あげてほしいわ』と言っていた同僚

彼女は教えることの先頭に立たなければいけない

経理専門しかやっていない私は

『教えることないな』と言ったら

『そんな覚悟じゃいけないよ』と言われた

彼女の仕事と私の仕事を17年かけてしていた女性がいた

私と入れ替わりに彼女は辞めた

とても性格のきつい女性で私も同僚も泣かされた

『彼女はどうして辞めたんだろうね?』

17年勤めて今の同僚の給料とほとんど変わらなかった現実

最初はあったボーナスもなくなり、職種も替えられた

とても仕事熱心な女性だったけど今どうしてるのかな?

一緒に仕事をしていた時は泣かされたけど

彼女と話してもきっと見えてくるものはないけれど

そうやって辞めていった人のことを冷静に考えて

彼女ならどうするだろう?

私ならどうしたらいいだろう?

5年前から上に立った現社長をはなから嫌っていた彼女

はなから嫌うと見えてこなかったもの

歴代の社長を見てきたからそういう結論に至った経緯

私は自分に都合がいいとか悪いで状況を判断したくない

そこに真実があるなら、最善を尽くすし

それが出来なければ次に行くしかないのだ

良い悪いは当人の状況でしかない

それより、私は自分の見える景色の中で積み上げていく

真実の方を大切にしたい





[PR]
# by hrkmrsk | 2017-10-18 06:27 | 会社 | Comments(0)